私たちと、共に社会のライフラインを守りましょう

弊社社長より皆様へご挨拶です!

こんにちは、代表の木村晃一です。
経営理念の基、日々営業している我社は、自社に社員寮があるため緊急対応など機動性に優れ、公道部の工事を得意とし高い業務処理能力を活かしています。
又、自社保有の資機材が豊富であり、建設業の特性を活かし、災害時などの対応に地域密着で貢献しています。
 
【経営理念】
《「共に育ち」「共に活き」「共に発展」》
互いの価値観や考え方、思いなどが相互作用により高い次元での関係を作る。
互いの意見や行動、リーダーシップなどが互いを成長させ、必要不可欠な存在になる。
互いの存在価値や高い潜在能力を生かし合い、豊かで楽しい人生を歩み続ける。
 
《安全を社会の安心に広げ、》
木村工業が安全である事で、お客様である発注者が安心します。そして経営の安全により
社員を含めた家族・身内の方達が安心します。取引会社・協力会社の方達も全て安心して
取引ができます。そんな安心をもっともっと広げていきたい。
 
《未来を創造してゆく木村工業》
生きてゆく中で、足元を確かめることは大切なことです。しかし、そこだけに捕われる事なく常に一歩先を見据え、自らの目標に挑戦して行く事こそが大事だと考えます。
私たちは、自身のみではなく地域や社会という視野で将来を描くことで、自分の行動が社会の「一隅を照らす」存在である事を確認して行きたい。
安全を社会の安心に広げ、未来を創造してゆく木村工業
 
弊社は公共工事を中心に、生活の基盤となるライフラインを守る業務を行っております。
水道事業に特化しており、東京都の要請を受け、東日本大震災復興工事にも従事しました。
そのほかにも下水工事や、道路工事、公園管理、安全を守る警備業など幅広く事業を展開しております。
人々のライフラインを守り、未来を創造して行きます。
 
 
 

弊社へのご相談・お問い合わせはこちら!

 
 弊社の業務に関するご相談・お問い合わせなどございましたら、
以下のお電話・FAXまたはメールフォームからお問い合わせください。
TEL.03-3778-9211  FAX.03-3772-1434

会社周辺散策

松原橋

日本最初の立体交差、国道1号線と環状七号線の連絡道で1日約13万台が利用。

近くには新幹線の線路も走る。

萬福寺、名馬「するすみ」

合戦の恩賞にて源頼朝より馬を受けた。当地が丘陵地で馬の放牧場があったことから

馬込となった、そして「するすみ」が馬込産と云われている

文士・芸術家43人

大正から昭和初期に尾崎士郎らの呼びかけもあり住み良い町として移住し交流を深め、

文学に勤しんでいた。

馬込給水所

昭和20年代に完成、多摩川浄水場から引水し大田区などに配水する。

隣に同じ塔が並んであり近くで見るとかなりの威圧感!

富士見橋

名の通り天気により富士山が拝め晴天時には素晴らしい姿で登場する。

下には東海道新幹線が往来する

地下鉄車輌基地

都営浅草線終点西馬込駅近くに昭和46年完成された。

真上にある歩道橋からの眺めは圧巻!

力道山のお墓

昭和38年死亡、本門寺近くに道場兼屋敷があり住んでいたとのこと。

ほかに五重塔など見所あり。