私たちと、共に社会のライフラインを守りましょう
安全を社会の安心に広げ、未来を創造してゆく木村工業
 
弊社は公共工事を中心に、生活の基盤となるライフラインを守る業務を行っております。
水道事業に特化しており、東京都の要請を受け、東日本大震災復興工事にも従事しました。
そのほかにも下水工事や、道路工事、公園管理、安全を守る警備業など幅広く事業を展開しております。
人々のライフラインを守り、未来を創造して行きます。
 
 
 

8月5日 救命救急講習に参加しました!!

これからみんなで講習会に向かっていま~す!
長崎課長が先陣をきって
地図を一生懸命見てみんなを案内しています。
その後ろではマエダっち・サトちゃん・サカグっちがいつもどうりの雑談中♪笑
さてさて、実技講習です。
 
「さぁ~やるか!!」とやる気満々のハンちゃん!
みんな上手くできるかな~???
長崎課長とトモちゃんが一生懸命
胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行っています。
 
体全体を使うので意外と体力使いますよ。
リズムも一定に保たなくては・・・
多摩川班チームも一生懸命頑張っています!!
みんな真剣に取り組みました!!
とってもいい感じですねぇ~~~♪
2人で協力しています!!
胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行う人と
AED操作をする人に分担しています。
 
こういう時は、1人だけで救命するよりも
周りの人に協力してもらった方が生存確率がグンと上がります。

救命救急講習無事終了!!

多摩川班
 
澤村さんと千代治さん
 
やる気満々だったハンちゃんも無事終了!!!
後ろにサボって技能認定証をもらえなかった(うそぴょん)
チャムさんがハンちゃんを羨ましがっている!!!!!!笑
 
※全員救命救急技能認定証をいただきました。

8月はふるさとの浜辺公園に行きました!!

今回は2017年度入社した新人全員で行きました!
+ベテランなトモちゃんとハンちゃんです。
 
スタッフのまっちゃんも一緒にパシャリ♪
とっても綺麗な浜辺公園!
子どもが元気に遊んでいます。
 
お母さんたちは暑くて
ヘバっていまーす。笑
フットサルコートに
ウネっち!!
with サトちゃん
ビーチバレーコートに使用されている砂はただの砂ではなく、熱い真夏でも砂が熱くならないんです!ベトナムから仕入れ、とても貴重な砂です。←ここポイント
 
あ・・・やはりコートに紛れ込んでいる・・・笑
 
”木村工業”と見えるのが分かりますか?笑
砂浜が綺麗です♪

2017年7月8日・7月9日V旅行!! 〜長野県〜

集合写真です!とっても楽しそう!!

笑顔が溢れるぅ~☺❤

快晴!!天気に恵まれました!
旅行日和ですねん♪
夏を感じたそんな瞬間(^^)
食後にパシャリ~
みんなお腹いっっっぱいで笑顔が溢れてます♪

7月は多摩川緑地整備を見学に行きました!!

多摩川緑地見学はじめます~
新人サキちゃん
芝刈り体験
withサトちゃん
 
サキちゃん芝刈り中~
トモちゃんカッコイイ!
さまになってる!!
多摩川班 班長
withサトちゃん
まだ咲いていないひまわり畑に紛れ込んでいる一輪の花をさがせ!
見学中にふと見つけたバッタ?

水道管入替工事の現場を見てきました。今月より毎月いろいろな工事を報告しますね。

監督と技術者が作業打合せ中…
 
道路を掘って掘って水道管を入れる準備中…
お昼ごはんを食べてました
 
写真担当ハンちゃんです
今後もバンバン載せます
 
現場見学での司令塔
ともちゃんです
でこぼこコンビ登場!
今年入社の同期コンビ
インタビュアーのサトちゃんグルちゃんに聞きました
①入社2か月経ちましたが今の心境は?
 A.ますます頑張って作業を覚えて皆さんと楽しく作業を行いたいです.
②仕事をしていて良かったことは?
 A.先輩にいろいろ教えてもらい、楽しく仕事が出来ています.
③仕事していて辛かったことは?
 A.外の仕事なので、天気に左右されて しまいます。また、重い道具が多く体力使います。
 
 
現場歴30年の当社の生き字引工藤仙人から
ベトナム人の職場体験実習生が説明を受けました。
異国の水道技術を目の当たりにし感動しています。
木村工業は国際交流にも力を入れています。
 

弊社へのご相談・お問い合わせはこちら!

 
 弊社の業務に関するご相談・お問い合わせなどございましたら、
以下のお電話・FAXまたはメールフォームからお問い合わせください。
TEL.03-3778-9211  FAX.03-3772-1434

会社周辺散策

松原橋

日本最初の立体交差、国道1号線と環状七号線の連絡道で1日約13万台が利用。

近くには新幹線の線路も走る。

萬福寺、名馬「するすみ」

合戦の恩賞にて源頼朝より馬を受けた。当地が丘陵地で馬の放牧場があったことから

馬込となった、そして「するすみ」が馬込産と云われている

文士・芸術家43人

大正から昭和初期に尾崎士郎らの呼びかけもあり住み良い町として移住し交流を深め、

文学に勤しんでいた。

馬込給水所

昭和20年代に完成、多摩川浄水場から引水し大田区などに配水する。

隣に同じ塔が並んであり近くで見るとかなりの威圧感!

富士見橋

名の通り天気により富士山が拝め晴天時には素晴らしい姿で登場する。

下には東海道新幹線が往来する

地下鉄車輌基地

都営浅草線終点西馬込駅近くに昭和46年完成された。

真上にある歩道橋からの眺めは圧巻!

力道山のお墓

昭和38年死亡、本門寺近くに道場兼屋敷があり住んでいたとのこと。

ほかに五重塔など見所あり。

弊社社長より皆様へご挨拶。

経営理念
「共に育ち」「共に活き」「共に発展」安全を社会の安心に広げ、未来を創造してゆく木村工業


始めまして、代表の木村晃一です。
経営理念の基、日々営業している我社の固有の役割は、社内に労務宿舎があり、緊急対応など機動性に優れ、公道部の工事を得意とし多数在籍の施工管理による速い業務処理能力を活かしています。又、自社保有の資機材が豊富であり、建設業の特性を活かし、災害時などの対応に地域密着で貢献して行く一方、次世代を意識し新しい展開を全社的に創造し社内の活気を溢れさせ社会に配って行きたいと考えています

木村工業が安全である事で、お客様である発注者が安心します。
そして経営の安全により
社員が、社員の家族・身内の方達が安心します。
取引会社・協力会社の方達も全て安心して
取引ができます。
そんな安心をもっともっと広げていきたいと考えています。